カテゴリー
未分類

ベッドの解体部品の回収

一人暮らしを始めた私ですが、粗大ごみの出し方がわかりませんでした。
不用品片付けのことは神戸の業者でもここではもともと実家で暮らしていた私は可燃ごみや不燃ごみの出し方などはわかっていたものの、粗大ごみは出したことがなく、ゴミ出しにお金がかかるということだけ知っている状態でした。
いざ、ひとり暮らしをし家具を一式揃えて新生活開始という期待と楽しさで胸がいっぱいでした。
胃カメラ検査ならおすすめの明石のクリニックでは歓喜のあまりベッドで飛び跳ねているとガコンッという音がし、新生活早々ベッドを壊してしまいました。
そして、ベッドを新しく買うことを決断し、壊れたベッドを解体しているとある疑問が思い浮かびました。
この分解したベッドの部品たちはどのように捨てたらいいのだろうか。
そんなことが頭によぎったものの今まで布団で寝てた私はベッドにすら縁がなく、粗大ごみの捨て方なんて知りませんでした。
とりあえずでベッドは粗大ごみで出せるのか、出せるとしたら値段はどれくらいかかるのだろうかということをネットを頼りに確認しました。
現代はネットで調べれば簡単に調べることができ、尚且丁寧でわかりやすく記載があって本当に助かります。
粗大ごみを出すには対象品の金額を確認し、それに見合った金額のシールをコンビニで購入して貼り付け、市の粗大ごみ受付担当者に電話で問い合わせていただければ場所や日時などを指定できるので、そこに粗大ごみを置いておけば作業は完了です。
タイミングが悪ければ回収に一ヶ月ほどかかる場合があるため、注意が必要です。