不用品回収は事前に確認を!

粗大ゴミの処分や不用品回収で一番困るのはやはり遺品整理の時ではないでしょうか。私も父が亡くなった時、不用品回収や粗大ごみの処分に大変な時間と労力を費やしました。まず洋服ダンスの類をどうするか悩みました。なるべく安く済ませたいので回収業者さんも数多く探しました。料金も回収業者によって様々で、料金の設定は一応、明記されてはいますが、安くしてほしいと頼めば安くなったりもします。そうして、ある回収業者さんに決めました。理由は単純に料金が安かったからです。トラックいっぱいに不要回収品を積んで1台いくらという設定でした。このためタンスをそのまま積んだだけではすぐに荷台がいっぱいになってしまいトラックが2台が3台と必要になってしまいます。そこでタンスを分解してさらに細かく木材の状態にして荷台に積めば、1台で収まりそうだったので5つぐらいあった大型のタンスを自分で分解しようと決めました。その作業には大変時間と労力を費やしました。後で回収業者さんに聞いたのですが『解体しちゃったんですか海外に売れたかもしれないのに』とのことでした。皆さんも、もしタンスを処分することがありましたら、事前に不用品回収の業者さんに売れるかどうかや料金の値下げ交渉をしてみることをおすすめします。